Menu

会社概要

会社概要

社名
アサヒ植木装飾株式会社
設立
1966年4月
資本金
10,000,000円
代表取締役社長
宍戸康文
本社所在地
〒106-0031 東京都港区西麻布1-10-2 西麻布10番館2階
03-6455-4353(代) 03-6455-4354(FAX)
倉庫・作業所
深川倉庫(江東区平野)
事業所
・六本木事業所(テレビ朝日内)
・赤坂事業所(TBS放送センター内)
・緑山事業所(TBS緑山スタジオ内)
・NHK事業所(NHK放送センター内)
事業内容
・植木装飾・花装飾・オブジェの制作等
・フードコーディネート・調理(消え物)
主な取引先
株式会社テレビ朝日
株式会社テレビ朝日クリエイト
株式会社TBSテレビ
株式会社アックス
株式会社NHKアート
取引銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
所属団体
日本映像美術協議会(JVA)

沿革

創始者 加藤義信 鎌倉アカデミア、東洋大学卒
1960年
アサヒ植木、アサヒ装飾を設立
日本教育テレビ(現テレビ朝日)その後、東京放送(現TBSテレビ)、(株)東通美術部(現(株)アックス)、
NHK美術センター(現NHKアート)と取引開始
1966年
2社を統合しアサヒ植木装飾株式会社を設立 代表取締役に就任
1976年
代表取締役 加藤義信死去に伴い、加藤勝彦が代表取締役に就任
2014年
加藤勝彦取締役会長に就任、宍戸康文が代表取締役に就任
2016年
創立50周年

会長挨拶

会長挨拶

私は1976年11月に創業社長である父、加藤義信が急逝したため大学4年生の時に社長に就任致しました。
世間知らずの私が今日あるのは、前社長の片腕であった会社の先達スタッフは勿論のこと、愛情溢れるたくさんの尊敬出来るお客様の良きご指導ご鞭撻のお蔭と心より感謝申し上げております。
以来、尊敬出来るお客様に喜ばれる仕事をしたいと思いながら38年間社長としての時を過ごして参りました。そして2014年9月に60歳になったのを機に、長年共に歩んでくれた一番の身内達にこの会社の経営を委ねる事を決意致しました。身内と言いましても新役員は私とは血縁関係は全く無く、入社して以来ずっと現場の仕事に携わり研鑽してきた、言わば「たたき上げ」の精鋭たちで、既に現場第一線での会社の看板となる者たちです。まさに彼らが確かな身内であることに間違いはありません。
私が早めに会社の運営を委ねた理由は、「社員の、社員による、社員のための会社」を残していきたいとの強い思いからです。
何よりも現場が第一です、皆が自分たちの為に働き、皆で分配するという組織を構築して、若い世代の人達に少しでも希望と未来の見えるチャンスを与える事が、お客様へのより質の高い良いサービスにつながると確信しております。

今まで私に賜りました数えきれないご厚情とご高配を、どうか新体制の弊社社員達にもお与え頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

社長挨拶

社長挨拶

私は1982年に入社してからテレビドラマや映画の植木装飾業務に携わって来ました。それ故、現場に関しては誰よりも熟知していると自負しております。私はその経験を活かしてスペシャリストの集団作りを推し進めて参ります。私の考える会社とは、まず、第一にチームワークの良い組織であることです。チームというのは確かな技術を持った個人の集団から作られるものなのです。
たとえば、技術を持った個人が何かを成し遂げようとした時、仲間と納得するまで話し協力し合い、そしてその周囲の人たちも引き込んでひとつのことを成し遂げ、その結果が最高になることがチームワークだと思います。私はこの会社を、より一層高い技術を持ったスタッフの集団になるよう一生懸命努力をしていく所存です。また、私たちのスタッフがお客様に好かれるような・・・、アサヒさんに頼んで良かった、と思われるような・・・。そんな会社にしたいと考えています。
今後もお客様の信頼により一層誠実に、真摯に応えてまいる所存でございますので、引き続き変わらぬご支援とご鞭撻を賜りたくお願い申し上げます。

経営理念
「自身の仕事に対し誇りを持てるものを目指す」
それが大切だと私達は考えます。
「仕事に誇りを持つ」
それは一朝一夕で出来ることではなく、また自己満足であってもいけません。
それはお客様から確かな評価を頂いた結果としての「誇り」でなくてはなりません。
そのために私達は以下の事に重きを置いています。
  • ・常にお客様を大切に思い続け、お客様の視点で考えること。
  • ・お客様にとって価値のある商品とサービスを提供し続けること。
  • ・仕事の出来に常に疑問を持ち、自己を高める努力を惜しまぬこと。

お客様から頂いた評価は良いものは自信に繋げ、悪いものは分析して次への糧とする。 そうして作り上げたものが本物となり、自身の誇りになると考えています。
お客様に喜んで頂ける誇りある仕事を目指し、我々は日々前進して参ります。



組織図